子育て

子どもに対する性教育って、いつからするもの?

こんばんは、サラリーマンこあらです。

 

子どもに対する性教育って、やるべきなんでしょうか?

やるとしたら、いつごろから?

 

以前、「パパの〇〇は、なんで2つあるの?」の記事で少し書きましたが、子どもから放たれる、性教育的な視点の疑問質問に、うまく答えられなかった・・・。

そのことに、ずっと、モヤモヤしてたんです。

 

これからも続くと思われる性教育的な疑問質問に、どうやって答えたらいいのか?

誤魔化しちゃ、ダメ?

そもそも、親が性教育する必要って、あるの?

 

などなど、性教育のモヤモヤが、どんどん出てくる。

というわけで、本を買って、勉強してみることにしました。

 

今回購入したのは、

の2冊。

 

とりあえず、「おうち性教育はじめます」を読んでみましたが・・・。

まぁ、ためになる!!

 

いや、ほんとに。

買って大正解です!!

 

とりあえず、「性教育」っていうのは、「セックス」とか「ポルノ」とか、いやらしい何かを教えることではない!ということに気づけたのが、大きな成果。

性教育とは、子どもが、性のトラブルを避けたり、性のトラブルに対処できる人間になれるように教えること、だと書かれていました。

 

なるほど。

激しく納得。

 

自分のこれまでの人生では、適格な性教育を受けてこなかった。

だから、色々な思い込みや誤解が生じてしまって、自分の子どもに対して性教育をすることについても、方法が分からず、伝え方が分からず、すごくハードルが上がってしまっていた。

 

でも、この本を読んで、かなりハードルが下がった気がします。

そして、性教育の必要性も、すごく感じることができました。

 

また、我が家の子どもは6歳の長女と3歳の次女ですが、この年齢からでも性教育は可能。

むしろ、すっぽんぽんで、尻丸出しで走り回ったり、「おちんちーん」とか「おしりー」とか言って騒いでいるこの時期にも、必要な性教育があるというのも、勉強できました。

 

そして何より。

子どもが繰り出す、切れ味の鋭い質問への対処。

 

「セックスって、なに?」とか、

「赤ちゃんって、どうやってお腹から出てくるの?」とか、

 

「えっと・・・」となってしまいそうな質問に対しても、どうやって答えたらいいのか、勉強することができました。

 

ほんとうに勉強になるので、ぜひ、読んでみてほしい。

とりあえず、妻にも読むように勧めました。

 

特に我が家は、子どもが両方とも女の子。

そのため、異性の私よりも、同性の妻の方が、のちのち重要な役割になる。

 

子どもの年齢が低ければ問題はありませんが、年齢が上がるにつれて、異性の親からの性教育は、抵抗が大きくなる。

同性の親が、性教育の知識をしっかりと身に付けて、的確な教育ができることが、非常に重要になってきますからね。

 

加えて、できる限り夫婦で性教育の情報を共有して、互いに連携しながら、必要な時に、必要な教育ができるように準備をしておくことも、非常に大切だと思います。

 

夫婦で話し合って、

恥ずかしがらずに、

子どもに対する性教育ができると、

すごく良いと思いませんか?

 

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-子育て

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.