子育て

おやつを食べたいという執念が生み出す、数々の言い訳

2021年1月27日

こんばんは、サラリーマンこあらです。

この前、おやつの時間に、子どもと一緒に「柿の種」を食べました。

 

でも、柿の種って、辛いですよね。

子どもには、まだちょっと早いような気がする。

 

でも、6歳の長女も、3歳の次女も、食べるんです。

おせんべいが、好きなもんで。

 

 

それぞれのお皿に取り分けてあげたのは、パクパク食べて、無くなった。

で、私のお皿。

 

 

まだ、ある。

まだ、残ってる。

徐々に近寄ってきたのは、次女。

 

 

そして・・・

 

 

次女ちゃん
ひとつ、ちょうだい。

 

 

と言って、一つ食べた。

「辛くないの?」と聞いてみたら、

 

 

次女ちゃん
ちょっと、食べてみるね。

 

 

と言って、また一つ食べた。

さらに・・・

 

 

次女ちゃん
辛いかどうか、食べてみるね。

 

 

と言って、食べる。

 

 

次女ちゃん
辛かったら、我慢して食べてみるね。

 

 

と言って、食べる。

 

 

次女ちゃん
(お皿に入ってる)これ、気になる。

 

 

と言って、食べる。

 

 

入った柿の種を凝視しつつ、「じー」と言いながら、どうぞと言われるのを待って、食べる。

 

 

残り2つ。

 

次女ちゃん
パパ、どっち食べる?じゃあ、こっちあげるね。

 

 

と言って、さらに食べる。

 

 

いやいやいや~、

どれだけお菓子を食べる言い訳を思いつくんだよ(笑)

 

見事でした。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-子育て

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.