子育て

私が悪いんじゃない!右手が悪いんだ!

2019年11月26日

どうも、サラリーマンこあらです。

先日、妻の実家に行った時、5歳の長女と2歳の次女を含めて、みんなでトランプをしました。

 

何回かゲームを行った後、そろそろお昼ご飯の時間なので終わりにしようという話になり、最後に1回、ゲームをすることになりました。

その後、最後の1回をやり終えたのですが、長女が結果に納得いかなかったらしく、次女に対して「ルールを破ったから納得がいかない」と、いちゃもんをつけ始めました。

 

そして、そのまま駄々こねモードに突入し、

「納得がいかない」

「嫌な気持ちになった」

と、ぐだぐだし始め、お昼ご飯が食べられない状態になってしまったため、仕方なく、もう一度、トランプをすることにしました。

 

その最終ゲームの終盤、

長女の出したカードによる不本意なアシストにより、ママが1等賞に・・・。

 

当然、1番に勝つことができなかった長女は、不満爆発!!

 

長女ちゃん
今のカードは無し!
長女ちゃん
本当は、違うカードを出したかったの!

 

と言って、自分が出したカードを引っ込めて、違うカードを出したいと言い出しました。

 

でも・・・。

そう世の中は甘くない!

 

ということで、

サラリーマンこあら
「ルール通りやらないといけない」って、自分で言ったよね?

サラリーマンこあら
もう1回出すのはダメだよ。

とツッコミを入れたところ、

 

ガチ泣きに発展!

 

相当悔しかったのか、ガチ泣きしながらひねり出した言い訳が、

 

長女ちゃん
私は違うのカードを出したかったのに、私の右手が勝手に出した。

 

え・・・?

右手が・・・??

勝手に・・・???

 

なんか、変なことを言い出したぞ・・・?

 

 

さらに、

 

長女ちゃん
私は絶対に許さないから!
長女ちゃん
右手のこと、ぜったいに許さないから!

と。

かなりご立腹の様子。

 

それを見かねたママが、長女に「いい加減にしなさい」と注意。

 

それによって、さらにへそを曲げた、長女。

 

長女ちゃん
わたしが悪いんじゃない!わたしの右手を叱ってよ!

 

と言ってきた(笑)

 

右手を?

叱る??

 

いよいよ、おかしなことになってきた(笑)

 

でも、ここでまじめに返したらつまらない。

ということで、とりあえず頼まれたとおり、長女の右手を叱ってみる。

 

サラリーマンこあら
右手!勝手にカードを出したらだめだよ!

 

しかし、

「叱り方が甘い」

と。

 

「さっきママが私を叱ったみたいに、厳しく叱れ」

と。

 

どうする・・・?

ガチ叱り、やっちゃう・・・?

右手に対して、ガチで、叱っちゃう・・・?

 

しょうがない!!

意を決して、右手を叱ることに!

 

サラリーマンこあら
こら!!勝手にカードを出したら、ダメでしょ!!

 

サラリーマンこあら
今度からは、ちゃんと相談してから出さないと、ダメだよ!!

 

(右手から反応は無い・・・。)

 

サラリーマンこあら
分かったの!?

 

サラリーマンこあら
返事は!?

 

(右手から返事は無い・・・。)

 

サラリーマンこあら
返事するまで、許さないからね!

 

サラリーマンこあら
返事は!!?

 

(右手からの反応は無い。)

(ただの右手のようだ・・・。)

 

うん、するわけないよね、返事。

分かってる。

分かってるけど、もう後には引けない。

 

サラリーマンこあら
あ、長女ちゃんは遊んでていいよ。

 

サラリーマンこあら
後はパパが叱っておくから。

 

そう言って、

長女の右手をしっかり掴んでおく。

 

そして叱る!

 

サラリーマンこあら
分かったの!!?

 

サラリーマンこあら
返事は!!?

 

サラリーマンこあら
返事するまで、放さないからね!

 

返事!するわけ無い!

と、自分にツッコミを入れながら、長女が満足するまで、叱ってやりましたよ。

 

すっごい貴重な体験でした。

 

初めて叱りました。

右手を。

 

子育てって、面白いですね(笑)

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-子育て

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.