FXの税金

e-Taxを使って、確定申告を完了しました。

2021年3月7日

こんばんは、サラリーマンこあらです。

昨年度のFX投資の利益に関する確定申告、ようやく完了しました。

 

今回は、初めてe-Taxを利用した確定申告を行いました。

e-Tax、すっごい、分かりにくい・・・(汗)

 

何がそんなに分かりにくいのか

確定申告自体は、これまでも何回か行っている処理ですし、全体像も把握できているので、そこまで分かりにくいものではない。(いろいろな書籍も売られていますしね。)

でも、e-Taxに関しての情報が乏しく、手探り状態で処理をしたので、未だに全体像を把握できていない。

 

e-Taxを用いた確定申告の手続きの流れは、

  1. e-Tax利用開始の手続き
  2. 確定申告書類の作成
  3. 申告書類の送付と納税

となります。

 

で、どこが分かりにくかったかというと「1.e-Tax利用開始の手続き」です。

すっごい初歩的な部分ですが(笑)

パソコンの設定をしたり、証明書?をインストールしたり、ブラウザ用の何かをインストールしたり、マイナンバーと連携?させたり・・・。

 

とりあえず、表示されるままに処理を行った結果、「申告書の送付」まで完了できたので、処理的には間違っていなかったんだと思います。

が。

結局、自分が何をやっていたのか、全体像が掴めませんでした。

本当なら、このブログを通じて、「e-Taxは、こうやるといいよ!」っている情報を発信したかったんですけどね。

すみません、現時点では無理みたい(笑)

 

とりあえずのe-Tax注意ポイント

とはいえ、現時点で分かっている情報を、参考までにまとめておきましょう。

 

まず、e-Taxを行うための下準備としては、以下の2つ。

  • マイナンバーカードの取得
  • カードリーダーの準備

この2つの準備さえできていれば、おそらく問題なく、確定申告を完了することができますから。

 

まず、「マイナンバーカードの取得」について。

単純にカードの取得さえ行っていれば、マイナンバーカードを利用する際の暗証番号等を忘れていない限り、問題はありません。

ただ私の場合、e-Taxの手続きを進めていく中で、「マイナポイント」とか「マイナポータル」とか、確定申告の手続きとは関係のない処理に目移りしてしまって、そっちの登録処理なんかを同時進行で行ってしまったため、処理がゴチャゴチャしてしまって、余計に分かりにくかったような気がします。

なので、e-Taxの確定申告をする前に、マイナポータルの利用登録とか、マイナポイントの申請とか、済ませておくと、手続きがスムーズに進むので、おススメです。

 

次に「カードリーダー」について。

カードリーダーは、確定申告を行う人であれば、マイナンバーカードを取得した際に、1つ購入しておくことをおススメします。

最近では、スマートフォンにマイナンバーカードの読み取り機能(マイナンバーカードにスマホを当てると読み込んでくれる機能)が付与されているため、それを使って、スマホで確定申告(e-Tax)を完了する方法もあります。

ただ、確定申告書類の入力作業をスムーズに行うには、個人的にはパソコンの方が楽。なので、パソコンでも作業ができるように、カードリーダーも持っておいて損は無いと思います。

1台1,000円ちょっとですしね。

ちなみに、私が今回使用したカードリーダーは「【2021最新進化版】接触型ICカードリーダーライタ」です。(安価なものなので、機種名とかは無いのかも?)

購入する前に、その機種がマイナンバーカードに対応しているか、口コミ等で確認しましょうね。

 

なぜe-Taxでの申告にしたのか

さて、ここまでは、今回の経験をもとに注意ポイントをまとめてみましたが。

そもそも、なぜ今回、e-Taxでの確定申告に踏み切ったのか。

 

それは、「所得税の納税」の手続きが関係しています。

これまでは、インターネット上の国税庁のホームページで確定申告書類の作成を行い、その書類をプリントアウトして「郵送」で提出。そして、所得税は「クレジットカード」で支払いをしていました。

そして今回も、最初は例年どおりの「郵送」での手続きを進めていたんですが、全ての確定申告書類を作成し終えて、「いざ、所得税の納税を!」という段階になって、問題が発生。

 

というのも、今回の確定申告による所得税の納税額は「130万円」と、すこし高額。

これまでは、納税に「クレジットカード」を用いていたんですが、今回の納税額は、クレジットカードの利用限度額をオーバーしている!!

というわけで、クレジットカードでの納税は不可。

かといって、130万円を税務署の窓口に提出して納付するのも、ちょっと嫌だ。(130万円なんて大金を持ち歩きたくないし。)

それならと、ネットバンキングからの納付を行おうとしたところ、「e-Tax」での申告が条件になってる・・・。

 

・・・。

しょうがない、e-Tax、挑戦するか。

 

というわけなんです(笑)

次回は、クレジットカードで納付できるように、準備しておこうと思いますけどね♪

 

もし、納税額が大きくなりそうな方がいれば、クレジットカードの納付ができない場合も考えて、e-Taxを検討してみると良いかもしれませんね!

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-FXの税金

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.