FXの税金

FX投資の確定申告に必要な書類の準備

2021年2月6日

こんばんは、サラリーマンこあらです。

先日、FX投資の確定申告に向けた税金額を計算してみたところですが、今日は確定申告に向けた書類の準備について、書いてみようと思います。

 

私のようなサラリーマンが、FX投資の収入について確定申告する場合、必要な書類は以下の通り。

  1. 職場から交付される源泉徴収票
  2. 職場の年末調整で申告し忘れた保険料などの書類(ある場合のみ)
  3. FX業者の年間損益計算書
  4. キャッシュバック会社の年間収支がわかる資料
  5. FX投資に関連する経費として計上する資料(領収書など)

1.については、確定申告する際に再度入力する情報が網羅されているものです。職場から今の時期に交付されるので、捨てずに保管しておきましょう。

2.は、年末調整の際に、もし申告し忘れたものがある場合に必要です。せっかくなので、この際に申告して、少しでも税金額を減らしましょう。

3.は、業者ごとに出力できます。(海外FX業者の場合、MT4を利用して作成・出力することが多いため、業者ごとというより、口座ごとのものになります。)

4.は、キャッシュバック会社のホームページで、自分のアカウントから出力できると思います。(私は「Taritali」を利用しているので、アカウント内で対象期間の収支を出力しています。)

5.は、例えばFX投資関連の書籍など、FX投資をする上での経費と考えられるものを購入した際などに、FX投資の収入額から差し引くことが可能です。領収書などは、しっかりと保管しておきましょうね。

 

というわけで、これら1.~5.をそろえたら、国税庁のホームページを利用して、確定申告をしちゃいましょう♪

やってみたら分かりますが、意外と簡単。

 

ホームページに従って入力して、

申告書を出力して、印刷して、

税務署に送る。

 

それだけ。

 

この申告手続きとは別に、FX投資で利益を得ていて納税額がある場合は、その支払いも忘れずに。

たしか、専用のサイトからネット支払いができたハズなので、支払いも全然、面倒ではないですから。

そういえば、支払いはカード払いも出来たような・・・。

ということは、クレジットカードのポイントも貯められるかも・・・♪

 

ちなみに。

利益が出ていないからといって確定申告しないと、損する場合がありますから、注意が必要。

 

注意するのは「国内FX業者」を利用している人。

国内FX業者を利用してFX投資する場合、年間の収支がマイナスになってしまっても、そのマイナス分を、3年間は繰り越すことが可能なんです。

例えば、昨年の収支がマイナスだった場合。仮に今年の収支がプラスになったとしても、昨年分のマイナス収支を確定申告しておくことで、今年のプラス分から差し引いて、税金を計算できるようになります。

でも、確定申告していない場合は、その損失繰越が利用できないため、今年の収支がプラスになったら、がっつりと、税金を支払う必要があります。

なので、「収支がマイナスだったし、面倒だから確定申告しない」というのは、もったいない!

 

私の場合、一昨年のFX投資の収支はマイナスでした。

それでも、しっかりと確定申告しているので、損失繰越はバッチリ!

なので、昨年の大きなプラス収支から、差し引くことが可能です♪

いや~、助かる♪

 

少しでも税金を抑える工夫を、忘れないようにしたいですね!!

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-FXの税金

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.