家計(会計部門)

クレジットカードのポイント還元率の落とし穴

こんばんは、サラリーマンこあらです。

最近、家計の見直しを進める中で、クレジットカードのポイントについて調べたり考えたりする機会が多く、いろいろ勉強しているところです。

 

で、今更ですが、気が付いちゃいました。

ポイント還元率の落とし穴に。

たぶん、クレジットカードのポイント獲得について調べた人なら、当たり前のことだと思います。

でも、これからクレジットカードのポイント獲得を狙っていこうという方向けに、ちょっと情報共有しておこうと思います。

 

ポイント還元率ってありますよね?

クレジットカードのポイント戦略を考えるうえで、欠かせない指標の一つです。

でも、このパーセンテージには、落とし穴があります。

 

私の場合を例に挙げてみましょう。

 

私は、auPAYやauウォレットを使って、Pontaポイントを貯める方向で戦略を立てているんですが。

auPAYやauウォレットの場合、200円につき1Pontaポイントが貯まる。

つまり、ポイント還元率は「0.5%」になるわけです。

 

本当に?

本当に0.5%?

 

仮に、399円の支払いをした場合は?

399円×0.5%=1.995Pontaポイントもらえる?

 

 

・・・残念ながら、違います。

 

200円の支払いだろうが、399円の支払いだろうが、1Pontaポイント。

なぜなら「200円につき1Pontaポイント」だから。

 

つまり、この場合のポイント還元率は「0.5%」ではなく「最大0.5%」が正解。

実際のポイント還元率は、「0.25%~0.5%」なんです。

 

 

もっと極端な例を考えてみましょう。

 

10,000円につき、500ポイント還元」の場合。

単純に計算すると、ポイント還元率は驚異の「5%」!!

すごいですね!!

 

とはいえ、これも先ほどと同じく「最大5%」で、実際のポイント還元率は「2.5%~5%」となる。

 

でも、この場合は、これだけじゃ終わらない。

さらに悪いことに・・・。

この場合、10,000円単位でしかポイントが付与されないため、10,000円の支出に満たなければ、ポイントはもらえない

5,000円の買い物をしようが、9,000円の買い物をしようが、ポイントは、ゼロ!!

 

もしこんなポイント付与のカードがあっても、日常生活において、ポイントを獲得する機会なんてほとんど無いですよね(笑)

これじゃあ、いくらポイント還元率が高くても、役に立たない。

 

 

これが、ポイント還元率の落とし穴。

気を付けてくださいね。

 

クレジットカードを選ぶ際は、ポイント還元率も確かに重要ですが、「いくら使うとポイント付与になるのか」についても、しっかり調べて決めましょう!

なるべくなら、少ない金額でポイントを付与するカードの方が、安定したポイント獲得ができますから、優秀だと考えられます。

還元率だけに惑わされないようにしましょう!!

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-家計(会計部門)

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.