家事(総務部門)

妻が専業主婦になった時間を、十分に使えているだろうか?

こんばんは、サラリーマンこあらです。

 

少し前から、薄々、感じていたんですけどね。

気がつかないフリをしていた気がします。

 

しかし。

そろそろ、現実に目を向けないと。

 

 

妻が専業主婦になって、半年が経ちました。

 

妻が専業主婦になる前は、夫婦で家事をして、育児をして、仕事をして、「時間が足りない!」と思いながら過ごしていました。

その状況から一転、妻が専業主婦になり、家事や育児は基本的に妻、仕事は私、という業務分担が完成。

 

分業することで、これまで全てにおいて中途半端になっていた状況が解消され、より集中して、効率的に、担当する分野の業務を処理することが可能になる!

 

はずなんですが。

 

うーん。

なんか、そんなに、目に見えた成果が上がっていない気がする。

 

 

いや、妻は、十分すぎるほど家事と育児を頑張ってくれている。

これ以上ないくらいに。

感謝しても、しきれないくらいに。

 

 

問題は、私。

 

そう、ワタシ。

 

 

本来であれば、これまで家事や育児で消費していた時間を、もっと収入アップにつながるタスクに割り振って、妻が仕事をしていた時くらいの収入を獲得するような成果を上げる必要がある。

 

しかし、現実はどうだろうか?

 

そんな努力をしているのか?

 

家事と育児を妻に任せて、それによって空いた時間を、何に使っているのか?

 

 

正直、自分でも、何に時間を使っているのか、良く分かっていない。

ただ、生活や収入のレベルアップのために時間を使っていない可能性が高いことは確か。

 

 

夜の時間は・・・、

スマホでネットサーフィンしたり、

お酒を飲んでダラダラ過ごすことが増えた気がする。

 

朝の時間は・・・、

夜更かしして眠くて、

朝活する時間に起きていない気がする。

 

 

ダメじゃん、これじゃ。

妻が専業主婦で頑張ってくれているなら、それに応えるレベルの努力をしなきゃ、ダメじゃん。

 

確かにね、仕事は頑張ってる。

残業して、頑張ってる。

 

でもそれは、これまでも、そうだった。

同じ。

別に、前進しているわけではない。

 

妻が専業主婦になって、明らかに「自分は仕事を頑張って、疲れているんだから・・・」的な思考に陥り始めた。

心のどこかで、「自分は仕事。妻は家事。」という言い訳を並べて、家事をサボり始めている自分がいる。

 

巷でよく言われる「仕事だけしていればいいと思っている男性」に、自分も足を踏み入れている気がする。

 

いやー、怖いわー。

転げ落ちるのは、あっという間。

 

 

今はまだ良いけどね。

妻も専業主婦になりたてだし、私の仕事を応援してくれているし。

 

でも、5年後、10年後、同じ状況だろうか?

 

「旦那は、仕事だけやっていれば良いと思っている。」

「家事は、何もしてくれない。」

 

そういう愚痴を言われるような状況に、陥っている可能性が、極めて高い気がするんだが・・・。

 

 

そうならないためにも、ちょっと気合を入れなおさないと、ダメかも。

 

 

目標は、「早期退職」の実現。

 

収入源を確保して、

資産を増やして、

今の仕事を早期でリタイアして、

時間を自由に使って、

妻と一緒に、家事をしたり、趣味をしたりしながら、ゆっくり過ごす!

 

そのための努力をしないと!

 

今、それに向かって具体的に何をすれば良いのか、見えなくなっている気がする。

だから、時間を無駄に消費して、ダラダラ過ごしてしまっている気がする。

 

今の仕事を早期退職するためには、何が必要か?

 

「収入」

 

これしかない。

 

じゃあ、収入を増やすためには?

 

今の投資手法だけにとどまらず、もっと幅広く収入を得る方法を模索して、実行して、スキルや知識を身に付ける必要がある。

そして、実際に収入を得る手段を増やしていく必要がある。

 

そのための勉強に、時間を使わないと、ダメだ!

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-家事(総務部門)

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.