仕事(業務部門) 家事(総務部門)

我が家は「夫は仕事、妻は家庭」のスタイルが、すごく合う

こんばんは、サラリーマンこあらです。

 

妻が専業主婦になってから、4か月が経過。

先日、妻とゆっくり話をする機会があったので、今の生活はどうか、聞いてみました。

 

4月から、家事と育児を、全面的に担当。

私が残業で遅くなることも多く、平日の夕方~夜は、ワンオペ状態。

夏休みに入ってからは、毎日、一日中、娘2人が家にいる状態。

 

ストレスとか、溜まってないか、聞いてみました。

すると・・・

 

ママ
すごく、のんびりしてて良い。

 

だそうだ。

それは何より♪

 

きっと、家事育児は、嫌じゃないんだと思います。

結婚する時から、「専業主婦になりたい」って言ってたし。

今の生活スタイルとか、合ってるんでしょうね。

 

正直なところ、私も、妻が専業主婦になって、すごく楽になったんですよね。

 

共働きの時は、2人が家事、育児、仕事を担当していて、毎日、全てが中途半端。

  • もっと家事に時間を使いたい!
  • もっと子どもたちと一緒に過ごしたい!
  • もっと仕事に時間を使いたい!

そういう気持ちで、夫婦そろって、日々、ストレスを抱えながら過ごしていました。

 

でも、今は違う。

 

妻が専業主婦になり、家事育児を全面的にお願いできる。

その結果、生活のベースとなる家庭の領域が、安定感のある状態に変化。

生活のベースが安定していると、外に出て働く私も、安心して仕事に注力できるし、収入源の拡大に全力を尽くすことができる。

 

収入面では、2馬力から1馬力になりましたが、それをカバーできるくらいの心の余裕が、夫婦そろってできた気がします。

 

人口減少に伴い、労働力が不足。

女性も社会に出て、働ける環境を整備する!

 

なーんて、社会の流れがありますが。

全員に当てはまるものではない。

 

夫婦の性格や好き嫌いによっては、我が家のように、

「夫は仕事、妻は家庭」

が、しっくりくる夫婦だってある。

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-仕事(業務部門), 家事(総務部門)

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.