家計(会計部門)

支出を我慢して、普通の生活をするのか?お金のことは気にせず、普通の生活をするのか?

こんばんは、サラリーマンこあらです。

4月から、妻が専業主婦になることに伴い、家計の見直しを進めています。

 

食費や日用品類の支出は、どのくらい抑えようか?

自家用車は、本当に必要か?多少、我慢すれば、いらないのではないか?

子どもの習い事は、何をさせて、何を諦めてもらうか?

 

最近は、こういうことを色々と考えて、どうすれば家計の収支がマイナスにならないか、思考を巡らせています。

で、ふと、気が付きました。

 

 

なんか、違う・・・。

そうじゃない・・・。

 

 

確かに、無駄な支出は削るべき。浪費はするべきではない。それは間違いないです。

でも、なんというか、自分の頭の中の理屈が、ちょっと歪んでしまっている気がするんです。

 

私の頭の中に、現時点で存在する考えはこれ。

「あれと、これと、それを我慢しよう。そうすれば、年間の家計収支がマイナスにならずに、普通の生活水準が保てるぞ。妻が専業主婦になっても、なんとかやっていけそうだ。」

 

でも、本当は、こういう考え方はしたくない。

私が本当にしたい考え方は、

「とりあえず、ひどい浪費をしなければ、お金の心配はいらない。普通に生活していれば、貯金もできるし、普通の生活は保てるから、問題ない。」

 

これ!

これなんです!!

 

食費や日用品費は、支出の面からではなく、「みんなで、笑顔で楽しく生活できるか?」「値段とにらめっこしすぎることなく、ストレスなく生活できるか?」という点を重視したい。

自家用車は、支出の面からではなく、「夫婦や子どもがストレスなく生活するために、自家用車は必要か?」という点で考えたい。

子どもが習い事をしたいのなら、支出の面からではなく、「子どもが本当にやりたがっているのか?」「将来、子どもの役に立ちそうか?」「生活リズムに無理は生じないか?」という観点で考えたい。

 

こういう生活がしたいんです。

支出面とにらめっこしすぎて、本当の自分の気持ちが置き去りになっていました(汗)

 

確かに、支出面を考えるのって、楽しいし、簡単です。

大抵のものは我慢しても生活に支障はないものばかりなので、支出とにらめっこすると、支出削減のアイディアがどんどん出てくる。

金額は小さくても、目に見えて、支出金額を抑えている実感がある。

さらに私の場合、理屈っぽく考えるのが好きなので、支出についても色々と理屈をこねくり回しているうちに、「その支出、削減しても問題なさそう」なんていう気持ちになってしまう。

 

でも、そうじゃないんです。

私が目指すのは、「ギリギリ考えなくても、日常生活の運営は全く問題なし。」という生活水準。

 

 

幸い、私も妻も、浪費癖は無い。

物欲も、特にない。

お金がかかる趣味も無ければ、ブランド品や高級車なんかにも興味がない。

 

支出面での緩さと言えば、

 

「せっかく家族でお出かけしたから、外食しようかな。」

「買い物に来たら、苺がおいしそうだから、買おうかな。」

「年に1・2回は、温泉に行ったり、ディズニーランドにいったりしたいな。」

「誕生日やクリスマスは、子どもの欲しいプレゼント買ったり、少し豪華な食事でもしたいな。」

 

せいぜい、こんな程度。

そのため、そこまでお金をかけなくても、ストレスを感じずに生活ができるんです。(夫婦2馬力で働けば、十分なくらいです。)

 

だったら、私が注力するべきことは、支出面とにらめっこすることではなく、収入面ともっとにらめっこするべき。

サラリーマンとしての給与収入のみでなく、もっと多くの収入を得る方法を模索するべき。

模索して、実践して、収入金額を増加させるべき。

 

少し、自分のやるべきことが見えてきた気がします。

支出見直しも大事ですが、それ以上に、収入を増やすことに脳力を使うこと。

これが大事!

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-家計(会計部門)

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.