家事(総務部門)

専業主婦の報酬って、どれくらいなら納得できるのか?

2021年2月13日

こんばんは、サラリーマンこあらです。

妻が専業主婦に転職することになったため、最近、専業主婦について色々と考えているところなんですが。

今日は、昨日の記事でも少し書いた、専業主婦の「給与」について、ちょっと書いてみたいと思います。

 

実際のところ、専業主婦って、どれくらいの労働量で、どれくらいの給与をもらうのが妥当なんでしょうかね?

 

食事の準備及び片づけ=1時間×3食=3時間。

買い物=1時間。

掃除=30分。

洗濯干し及び取込み=30分。

その他雑務=2時間。

 

少し多めに見積もっている気はしますが、労働時間的には、こんな感じでしょうか?

 

これを合計すると、1日あたり7時間。

仮に時給800円で計算すると、1日当たりの給与は「5,600円」。

専業主婦としての仕事は、土日祝日関係がないため、1月あたりの労働日数は30日。

 

そうすると、1か月あたりの給与は「168,000円」となります。

 

おお!

なかなか現実的な数字になりました(笑)

 

これは、それなりに多めに見積もった金額のため、実際のところは10万円~15万円の間くらいが妥当な金額のような気がします。

 

さて、ここまで計算してみて。

なかなか現実を見せられた気がします。

 

そうなんですよね。

 

専業主婦(主夫)として、妻や夫に家のことを全て任せているとしたら、普通に考えて、このくらいの金額の労働をお願いしていることになるわけです。

これ、忘れちゃダメですね。

 

そして、考え方によっては、これは非常にもったいない労働力です。

本来は、月に10~15万円を得られるレベルの労働力が、無収入で行われているという事実。

 

まぁ、結局のところ、共働きするとしたら、家事の時間は夫婦で分担することになるだけで、無収入の労働力は発生してしまうんですけどね(笑)

ただ、もし、専業主婦の妻に家事を全てお願いするとしたら、その分の時間を収入を得るために使い、世帯としての収入を増やす努力、自分の労働単価を上げる努力を怠ってはいけない。

 

そのことが、明確に理解できました。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-家事(総務部門)

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.