FXいろいろ

FXトレードの「必要証拠金」について、理解しやすくまとめてみた

2019年5月31日

どうも、サラリーマンこあらです。

必要証拠金って、FXトレードをする上ではすごく基本的な話だと思うんですが、ネットで調べてみても、分かるような分からないような・・・。

ということで、色々と調べてみて、可能な限り分かりやすく、まとめてみました。

 

証拠金とは何か

「必要証拠金」の話をする前に、まずは「証拠金」について。

証拠金とは

  • FXトレードをするために、FX会社に預け入れておく資金のこと

証拠金について、最も簡潔に、かつ分かりやすく説明するとしたら、上記のような説明になると思います。

ではもう少し具体的に。

FXトレードがしたい!!

そう思ったとき、FX会社は、タダでFXトレードをやらせてくれるわけではありません。

「FXトレードがやりたいなら、私の会社に、FXトレードをするための資金を入れておく口座を開設してください。そして、その口座に、資金を預け入れておいてください。」

きっと、こう言われるはず。

そして言われたとおりに、私たちは、口座にFXトレードをするための資金を振り込みます。

ここで出てきた「資金」こそ、「証拠金」と呼ばれるもの。

私たちは、この預け入れした「資金(証拠金)」を使って、FXトレードを行います。

FXトレードが「外国為替証拠金取引」と呼ばれている理由は、この預け入れした「資金(証拠金)」を使用して行われる「取引」だからです。

 

必要証拠金とは何か

では次に、必要」証拠金とは、いったい何なのか?

これは、簡単に言うと、

「その金額のFXトレードを行うのであれば、最低でもこれくらいの証拠金は預け入れしておく必要があります」

という、必要最低限の証拠金を表しています。

必要証拠金とは

  • 希望する大きさの金額でFXトレードをするために必要となる、最低限の証拠金のこと

ちょっと分かりにくいので、具体的に例を挙げて考えてみましょう。

 

必要証拠金を考えてみる

仮に、株式投資を行う場合。

100万円分の株を買うために必要となる最低限の資金は「100万円」ですよね。

これはとっても当たり前な話です。

 

ではFXトレードの場合はどうか。

FXトレードで100万円分のドルを買ったり売ったりするためには、いくらの資金(証拠金)が必要になると思いますか?

株式投資と同じく100万円?

違いますよね。

FXトレードの場合は、もっと少ない資金(証拠金)で、100万円分のドルを買ったり売ったりすることができます。

それはなぜかというと、「レバレッジ」があるから。

レバレッジとは

  • FXトレードの場合、少ない資金(証拠金)でも、レバレッジと呼ばれる倍率を使うことで、資金(証拠金)の何倍ものトレードが可能
  • 日本の場合、倍率は最大でも「25倍」

仮に、FXトレードで100万円のドルを買ったり売ったりしたい場合、普通に考えると100万円の資金(証拠金)が必要になります。

でも、レバレッジ25倍のFX会社を利用して、レバレッジを活用した場合、最低限必要となる資金(証拠金)はいくらになるかというと・・・

  • 1,000,000円÷25倍=40,000円

「4万円」になるわけです。

これは、言い換えれば、最低でも4万円の資金(証拠金)さえあれば、レバレッジ25倍を活用して、100万円分のドルを買ったり売ったりすることができる、ということです。

というわけで、この場合の必要証拠金は「4万円」となります。

 

必要証拠金の計算方法は

では、必要証拠金はどのように計算するのか?

必要証拠金を算出するために使用する計算式は以下のとおりです。

 

「現在のレート」とは

現在の為替相場の金額(その通貨の価値)になります。

例えば、ドル円相場で1ドルが110円50銭だった場合は、「110円50銭」の部分が当てはまります。

 

「取引枚数」とは

FXトレードで注文を出すときに利用する取引数量のことで、「枚数」や「lot」という単位を用います。

この単位の中には一定の通貨数量が含まれており、含まれている通貨数量は、会社によって異なっています。

そのため、単純に「10枚で買い注文を出した」と言っても、どのくらいの大きさのトレードをしているのかは分かりません。(通貨数量については下記を参照。)

 

「通貨数量」とは

これは、FX会社ごとに決められている1枚(1lot)あたりの通貨数量です。

「取引数量」のところでも書きましたが、FX会社ごとに1枚(1lot)あたりの通貨数量は異なっています。

そのため、FXトレードを始める前に確認が必要となります。

日本のFX会社だと1枚(1lot)あたり「10,000通貨」というのをよく見ます。

その他に少額資金でもトレードできるように1枚(1lot)あたり「1,000通貨」としているところもありますし、海外のFX会社であれば、1枚(1lot)あたり「100,000通貨」という設定のところも多いです。

 

設定レバレッジ倍数とは

これは、自分が利用しているFX会社で使うことができるレバレッジ倍数のことです。

日本のFX会社であれば、レバレッジ規制により「25倍」が上限となっているため、ここに入る数字は「25倍」となります。

他にも、海外のFX会社であれば、レバレッジ倍数が「500倍」というところもあります。

 

必要証拠金の計算まとめ

 

必要証拠金の計算例

では、具体的な条件を設定して、実際に必要証拠金を計算してみましょう。

 

必要証拠金の例題1

条件設定

  • 1ドル=110円50銭
  • 取引数量=10枚
  • 1枚=10,000通貨
  • レバレッジ倍数=25倍

まず最初に、どれくらいの大きさの金額をトレードしているのか、計算してみましょう。

トレードしている金額を計算するための計算式は、

  • 現在のレート×(取引数量×通貨数量)

より、

  • 110.500円×(10枚×10,000通貨)

となり、答えは「11,050,000円」です。

つまり、この場合は「1,105万円」という大きさの金額をトレードしていることになります。

では、この「11,050,000円」分のトレードを行うためには、最低限どれくらい証拠金が必要なのか?

計算式は、

より、

  • 11,050,000円÷設定レバレッジ倍数

となることから

  • 11,050,000円÷25倍

となり、答えは「442,000円」。

つまり、今回の条件の内容で「1,105万円」分のトレードを行うためには、必要証拠金として「44万2,000円」以上を準備する必要があります。

言い換えれば、「44万2,000円」の証拠金を準備できれば、レバレッジを使って、「1,105万円」という非常に大きな金額のトレードを行うことが可能になるわけですね。

 

必要証拠金の例題2

では、もう1つ例題で確認してみましょう。

条件設定

  • 1ドル=115円75銭
  • 取引数量=60枚
  • 1枚=10,000通貨
  • レバレッジ倍数=500倍

まず最初に、どれくらいの大きさの金額をトレードしているのか、計算して確認してみましょう。

トレードしている金額の計算方法は、

  • 現在のレート×(取引数量×通貨数量)

だったので、

  • 115.750円×(60枚×10,000通貨)

となり、答えは「69,450,000円」です。

つまり、この場合は「6,945万円」という大きさの金額をトレードしていることになります。

では、この「69,450,000円」分のトレードを行うための、必要証拠金はいくらか?

計算式は、

より、

  • 69,450,000円÷設定レバレッジ倍数

となることから

  • 69,450,000円÷500倍

となり、答えは「138,900円」。

つまり、今回の条件の内容で「6,945万円」分のトレードを行うためには、必要証拠金として「13万8,000円」以上を準備する必要があります。

言い換えれば、「13万8,000円」の証拠金を準備できれば、レバレッジを使って、「6,945万円」という非常に大きな金額のトレードを行うことが可能になるわけですね。

 

必要証拠金が大きくなる場合と、小さくなる場合

さて、ここまで必要証拠金について説明し、例題を2つ紹介してきました。

そこで、気がついたと思うのですが・・・。

  • 例題1では「1,105万円」分のトレードを行うために「44万2,000円」の必要証拠金を準備。
  • 例題2では「6,945万円」分のトレードを行うために「13万8,000円」の必要証拠金を準備。

トレードする金額が大きくなっているのに、必要証拠金が小さくなっている!?

 

このように、必要証拠金は、色々な条件によって増減するんです。

それは、必要証拠金の計算式の内容からも分かると思いますが、具体的な計算をしながら、「必要証拠金」の金額の増減を見ていきましょう。

まずは、前提条件を設定します。

前提条件

  • 1ドル=110円00銭
  • 取引数量=10枚
  • 1枚=10,000通貨
  • レバレッジ倍数=25倍

そして、この場合の必要証拠金は、

の計算式を用いて

  • 110.000円×(10枚×10,000通貨)÷25倍

となり、

  • 必要証拠金=440,000円

となります。

それでは、これを参考にしながら、以下の必要証拠金が増減する場合について、見ていきましょう!

 

その1:「現在のレート」が上昇したとき

まず1つ目が、現在のレートが「上昇」したとき、必要証拠金は増加します。

具体的には、1ドル110円だった状態から、1ドル120円に上昇した場合。

条件

  • 1ドル=110円00銭 ⇒ 120円00銭
  • 取引数量=10枚
  • 1枚=10,000通貨
  • レバレッジ倍数=25倍

この場合の必要証拠金を計算してみると、

  • 120.000円×(10枚×10,000通貨)÷25倍

となり

  • 必要証拠金=480,000円

になりました。

前提条件で計算したときの必要証拠金と比較すると、「440,000円」⇒「480,000円」となり、必要証拠金が増加しているのがわかりますね。

この場合、計算式「現在のレート×(取引数量×通貨数量)」から算出される、トレードしている金額が大きくなるため、それに伴って必要証拠金も増えたということです。

ちなみに、現在のレートから「下落」した場合は、当然ですが、逆の考え方となるため、必要証拠金は減少します。

 

その2:「取引数量」を増やしたとき

2つ目として、取引数量を増やしたときも、必要証拠金は増加します。

具体的には、10枚でトレードしていたところから、50枚に取引枚数を増やしたような場合。

前提条件

  • 1ドル=110円00銭
  • 取引数量=10枚 ⇒ 50枚
  • 1枚=10,000通貨
  • レバレッジ倍数=25倍

この場合の必要証拠金を計算してみると、

  • 110.000円×(50枚×10,000通貨)÷25倍

となり

  • 必要証拠金=2,200,000円

になりました。

前提条件で計算したときの必要証拠金と比較すると、「440,000円」⇒「2,200,000円」となり、必要証拠金が増加していますね。

この場合も上記の「現在のレート」が上昇した時と同様、計算式「現在のレート×(取引数量×通貨数量)」から算出される、トレードしている金額が大きくなるため、それに伴って必要証拠金も増えるということです。

ちなみに、取引数量を減らした場合は、逆の考え方となるため、当然ですが必要証拠金は減少します。

 

その3:「設定レバレッジ倍数」を大きくしたとき

3つ目は、「設定レバレッジ倍数」を大きくしたとき、必要証拠金は減少します。

具体的には、レバレッジ25倍までのFX会社から、レバレッジ500倍のFX会社に変更した場合。

前提条件

  • 1ドル=110円00銭
  • 取引数量=10枚
  • 1枚=10,000通貨
  • レバレッジ倍数=25倍 ⇒ 500倍

この場合の必要証拠金を計算してみると、

  • 110.000円×(10枚×10,000通貨)÷500倍

となり

  • 必要証拠金=2,2000円

になりました。

前提条件で計算したときの必要証拠金と比較すると、「440,000円」⇒「2,2000円」となり、必要証拠金が増加していますね。

この場合、必要証拠金を計算する式「現在のレート×(取引枚数×10,000通貨)÷設定レバレッジ倍数」のうち、分母となる「設定レバレッジ倍数」部分が大きくなるため、算出される必要証拠金は小さくなる、ということです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。必要証拠金のこと、少し理解が深まりましたか?

この必要証拠金についてですが、基本的にはFX会社のシステムで自動計算されるため、自力で計算する必要はありません。

ただ、この必要証拠金の仕組みを理解していないと、マズイことがあります。

それは「強制ロスカット」の発生。

強制ロスカット

自分が預け入れしている資金(証拠金)が、トレードに必要とされる必要証拠金より少なくなってしまった場合、強制的に損失額を確定をして、損失が大きくなりすぎるのを防いでくれる仕組み。

この強制ロスカットは、損失額を即座に確定させてしまう行為であり、絶対に避けるべきものです。

そのためには、必要証拠金が、どういう場合に増加し、どういう場合に減少するかを、しっかりと理解して、必要証拠金が大きくなりすぎて、強制ロスカットにならないようにする工夫が必要となります。(必要証拠金の増減は、上記「必要証拠金が大きくなる場合と、小さくなる場合」を参照)

ぜひ「必要証拠金」について理解して、自分のトレード戦略に上手く組み込んでみてくださいね!

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-FXいろいろ

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.