子育て

親がイラっとしない、子どもの上手な泣き方

2019年5月17日

どうも、サラリーマンこあらです。

先日、4歳の長女が、とっても上手?な泣き方をしているのを発見しました。

 

昨日の朝、朝食をみんなで食べていた時のこと。

2歳の次女が、白米を食べるのを渋っていたので、ママが「ふりかけ」を持ってきて、

 

ママ
ふりかけ、かけようか?

 

と言うと、

 

長女ちゃん
わたしも、かける!

 

それを聞いてすかさず、

わたしも!
次女ちゃん

 

長女ちゃん
わたしが先!!

 

わたしが先!
次女ちゃん

 

と、どちらが先にふりかけをかけるかで、取り合いに。

 

そして、ママが次女のご飯に、先にふりかけをかけると・・・。

 

長女ちゃん
・・・。

 

あれ?

 

普段なら

 

「わたしが先って、いったのにー!!!」

 

と大泣きするところなんですが、泣かない・・・。

 

長女ちゃん
じわ・・・(涙)

 

長女ちゃん
じわじわ(涙)

 

いや!

めっちゃ、我慢してる!!

泣くの、めっちゃ我慢してる!!!

下くちびるを突き出して、泣くのを我慢してる!!!

 

それを見ていたら、「すごく申し訳ないことをしたな~」という気持ちが、私とママの心の中に。

 

ギャー!と泣かれると、

 

「イラッ!うるさいなぁ!!」

 

となってしまうんですが、「先にふりかけをかけて欲しかったのに」という気持ちを抑えて、泣くのを必死で我慢している姿を見たら、まったくイラっとしない!

むしろ、「先にかけてあげなくて、ごめんね」「我慢して、えらかったね」という切ない気持ちに・・・。

 

本人は、無意識にやっていることだと思いますが、親としてはメロメロです(笑)

「こういう泣き方があるのか~」と、驚かされました。

長女が、成長している証拠ですね♪

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-子育て

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.