FXいろいろ

10年勝てなかった私が、FXトレードで勝てるようになった2つのポイント

2019年5月13日

どうも、サラリーマンこあらです。

今回は、私が10年間勝てていなかったFXトレードで、勝てるようになった2つのポイントを紹介します。

 

FXトレードで勝てるようになったポイント

これまで10年間もの長い間、FXトレードで勝てなかった私が、今年に入って急にFXトレードで勝てるようになったポイントは何だったのか。

そのポイントは大きく分けて2つあります。

勝てるようになった2つのポイント

  1. FXトレードの手法を変更
  2. トレードルールの検証作業

では、これらについて、詳しく見ていきましょう。

 

ポイント1:FXトレードの手法変更

私がFXトレードで勝てるようになった1つ目のポイントは、FXトレード手法の変更です。

これまでは、私のトレード手法は裁量トレードでした。
(裁量トレード?という方は、「子育てしながら、FXトレードを続けるためのポイント」の記事を参照)

そのトレード手法を変更し、裁量を排除した手動のシステムトレードに変更しました。

 

裁量トレード当時の生活

では、ここで、簡単に私の裁量トレード時代の生活を紹介します。

 

  • 毎日、夕ご飯を食べ終わったらパソコンを付けてモニターの前にスタンバイし、まずは簡単に情報収集として経済ニュースと本日発表される経済指標の内容と時間をチェック。
  • それが終わったら、今度はメタトレーダー4を起動しチャートのチェック。
  • まずは複数の通貨ペアを確認して通貨の強弱を確認するために「ドル円」「ユロ円」「ユロドル」の方向を確認。
  • 基本的には「ドル円」の15分足をメインにトレードしていたため、ドル円の日足から順番に4時間足、1時間足、15分足、5分足を表示させて、ラインを引いたり、帯を引いたり、テクニカル分析を実施。
  • 一通り分析が終わったら「15分足がどうなったらエントリーするか」というシナリオを作成して、あとはチャートの前で待機。
  • そして、何となく自分が考えている方向に動きそうだと思ったら、売買の注文を出してエントリー。
  • エントリー後は、一応「どのあたりまで動きそうか」ということを考えながらポジションを保有するが、これも、何となく「利益が減ってきそう」と感じたら利食い注文で決済。

ちなみにロスカットは、基本的に固定したpipsを逆行したら自動的にロスカットされるように、逆指値注文がエントリー時に入るように設定してました。

 

現在のシステムトレード生活

チャートの分析方法も、注文を出す時間も、利食いも、ロスカットも、全て明確に定めて、裁量は完全に排除。エントリー後も、OCO注文により完全にほったらかし状態。

下手すると、決済するまでチャートは見ません。

作業時間はおおよそ5分程度。裁量トレードの時からは想像がつかないほど簡略化されました。

 

トレード手法の変更による効果

このFXトレードの手法変更により、劇的に結果が安定しました。

勝ったり負けたり・・・というのは当然ありますが、裁量トレードの時のように「勝ちトレードだったのに勝てなかった」とか、「負けトレードだったのに無理して保有して勝ちトレードにした」といった不安定さが消える。

そして、自分の採用しているトレード手法を軸とした、安定した勝ち負けの積み上げになりました。

さらに、FXトレードに費やす時間も大幅に減ったことにより、時間を確保することが可能になり、自分や、家族のために使える時間が増えたと思います。

(「家庭や育児の面から考える「裁量トレード」のデメリット」も読んでみてください)

 

ポイント2:自分のトレードルールの検証作業

勝てるようになった2つ目のポイントは、今、自分が採用しているFXトレードのルールについて、本気で検証を行ったことです。

 

なぜ、それまでは検証をしてなかったのか

裁量トレードを行っていた時は、恥ずかしながら、自分がトレードで使用しているルールの結果検証なんてやったことありませんでした。

正確には「検証しなかった」のではなく、「検証できなかった」んですけどね。

 

というのも、裁量トレードを行っていた時は明確なトレードルールが自分の中に存在していなかった。

そして、その場の雰囲気とか勢いとか、何となくのチャートの形とかでトレードしていたため、検証したくても、検証の度に結果が変わってしまって、トレードルールの検証をする意味が無かったんです。

 

それともう一つの理由として、「現実を見たくなかった」というのも、心のどこかにあったのかもしれません。

自分のトレードルールを検証して、検証結果が悪かったりしたら、自分を否定されるような気がして、明確に検証結果として認識したくなかった気持ちが、あったんだと思います。

 

なぜ、トレードルールの検証をしようと思ったのか

自分のトレードルールの検証をせずにトレードを続けていると、いつまで経っても自分のトレードルールに自信が持てないんです。そして、すごくメンタルが崩れやすいということに気が付きました。

FXトレードをしていて、少し負けが続いたりすると、メンタルが崩れ、自分のトレードルールを疑い、「こんな方法じゃダメかもしれない」とトレードルールに改良(改悪)を加える。

そして、ただでさえ不安定なトレードを、さらに不安定にして、自分のトレードルールという武器を完全に見失ってしまう。

これではマズイと、10年目にして、ようやく気が付いたんです(笑)

 

トレードルールの検証効果

自分のトレード手法を過去5年間分のチャートに当てはめて検証し、トータルで考えた場合には勝てるという結果を導き出すことができたのは、メンタル面ですごく大きかったです。

多少連敗したとしても、見事なくらい、メンタルが崩れない。

メンタルが崩れないので、トレードのルールも崩れない。

結果、非常にトレード成績が安定し、勝てるようになったと思います。

 

まとめ

最後に、私がFXトレードで勝てるようになったポイントを、もう一度まとめておきます。

勝てるようになった2つのポイント

  1. FXトレードの手法を変更
  2. トレードルールの検証作業

重要なのは、「勝率が劇的に上がるようなFXトレードの聖杯を手に入れた」とか、そういう夢物語ではないということ。

ここで紹介した2つのポイントにより、自分のトレードの「安定度」が上がっただけ、なんです。

たったそれだけのことで、勝てるようになるのであれば、試してみる価値はありますよね。

さらに、FXトレードに使う時間が減り、自分の時間、子どもとの時間を大切にできるようにもなりましたからね♪

言うこと無し!です。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-FXいろいろ

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.