子育て

イヤイヤ期に突入!どうやって対処するか?

2019年4月13日

どうも、サラリーマンこあらです。

1歳の次女が、いよいよイヤイヤ期に突入です。

 

されること全てが「いやだ!」

なんでも、かんでも、とにかく「いやだ!」

成長していることは、喜ばしいことです。でも、そうはいっても、あまりに抵抗されると、親としてもストレスが・・・。

とくに、時間が無くて、急いでいるときなんて、最悪(笑)

というわけで、今日は、我が家で「イヤイヤ期」に突入した子どもと、どう付き合っているのか、ちょっと紹介してみようと思います。

 

いやだ!と言わせることも必要

まず最初に、「イヤイヤ期」についてですが。

それまでは親の言うことに従順に従っていた子どもが、次第に自分の意思を持ち始め、「わたしはこうやりたい!」とか「わたしはやりたくない!」といった自己主張をしはじめるために起こる現象だと思います。

それに加えて、私は、「わがままを言ったときに、親が受け入れてくれるのか?」というのを試されているような感じもします。

「いやだ!」という主張をしたときの親子のコミュニケーションが、親子の信頼関係を築く大切な過程だと思うので、「いやだ!」という主張をさせないような工夫ばかりをするのは、ちょっと気が引けます。

ある程度は、しっかりと自己主張させてあげるべきなのかなと。

そして、ある程度は、「いやだ!」という自己主張を、親としてしっかりと向き合って、受け止めてあげるべきなのかなと。

なので、「いやだ!」と主張することは、個人的には必要なことだと思っています。

 

イヤイヤが爆発しないようにする工夫

そうはいっても、いつでも、どこでも、「いやだ!」という自己主張をさせていては、ストレスが溜まります。

また、時間が無い場合は、イヤイヤが爆発して収拾がつかなくなるようは状況は、できる限り避けたいところです。

というわけで、いろいろと試してみた結果。

良い方法を見つけました。

それは・・・

イヤイヤの回避方法

  • 子どもに「〇〇しよう」と提案しない

 

どういうことかというと。

例えば、お風呂に入っている場合。

サラリーマンこあら
そろそろ上がろうか

と提案すると

いやだ!
次女ちゃん

となります。

 

例えば、外で遊んでいる場合。

サラリーマンこあら
そろそろ帰ろうか

と提案すると

いやだ!
次女ちゃん

となります(笑)

 

つまり!

「いやだ!」と言わせたくない場合は、その前段階で、親がやりたいことを提案しない!ということ。

お風呂だったら、「上がろうか」と提案せず、そのままスススーっとお風呂から上げてしまう。

外遊びだったら、「帰ろうか」と提案せず、さりげなく抱っこして家に連れていく。

そうすると、なんとな~くの流れで、抵抗されることなく、思い通りの動きをできることが多いです。

ちょっとセコいですが、かなり使えます。

 

この時期の子どもは、おそらく、外部からの刺激を受けると、とりあえず「いやだ!」と口から発するように設定されているんでしょうね。

なので、刺激を与えないこと。

これ、重要です(笑)

 

どうしようもない時は

ただ、もし「イヤイヤ」スイッチが入ってしまって、イヤイヤ爆発を起こし、どうしようもない場合。

こんな時は、残念ですが、諦めましょう。

イヤイヤ爆発を起こしてしまうと、燃料が無くなるまで、爆発し続けます。

何を言っても、何をやっても、それが刺激となって、全てが「いやだ」につながり、爆発を起こします。

なので、こんな時は、諦めましょう。

 

こうなったときに重要なのは、「どうにかしようとしない」こと。

どうにかしようと頑張れば頑張るほど、それが刺激となって「イヤイヤ」爆発を起こし、親としても思い通りにならなくて、どんどんイライラしてきます。

「何がしたいの!!?」

「何が嫌なの!!?」

「どうすればいいの!!?」

という具合に、ストレスが溜まって、疲弊してきます。

まぁ、最初から諦めてかかるのはどうかと思いますが、自分が思いつく限り、いろいろ聞いてみたり、試してみたりして、それでも「いやだー!」と泣き続けるようであれば、それ以上頑張る必要はありません。

「思いつく限りのことはやったけどダメだったから、あとは放っておこう」

そう割り切って、爆発が収まるのを待ちましょう。

まあ、その間泣き続けますから、うるさいですが(笑)

実際のところ、泣いている本人も、どうして自分がそんなに泣いているのか、何に対して「いやだー!」と言っているのか、分かっていないように思います。

時間を空けて、お互いに冷静になることを優先してもいいと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

ここまで紹介したように、私が意識しているポイントは以下のとおりです。

イヤイヤ対策

  1. 時間があるなら、「イヤイヤ」に付き合う
  2. 時間が無いなら、「いやだ」と言わせるきっかけを作らない
  3. 爆発したら、諦めて放っておく

あくまで、親の側に心の余裕を残した対応をするように心がけています。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-子育て

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.