休職

休職から職場復帰して2か月が経過

2019年2月13日

どうも、サラリーマンこあらです。

今日は、ちょっと真面目なお話を。

 

私は、過労とストレスにより、約1か月休職していた経緯があります。そして、2月の上旬で、職場復帰して2か月が経過。

 

休職から復帰して2か月たった状況は

その間の、職場の上司による体調回復の経過確認の面談など。

0回!

担当する業務のボリュームに関する配慮。

無し!

休職期間中の私の業務。

ほぼ未処理!

 

甘えるな!と怒られるかもしれませんが、正直、驚きましたね。こんなにもフォローが無いものかと。

「無理するな」とか、「自分の体調を最優先に」というように、優しく声をかけてくれるんです。でも、そこまで。

 

業務の見直し、無駄な業務の削減などにメスを入れてもらわないと、どうしようもない。

上司自ら問題の根本に踏み込んでこない。

上辺だけの声かけなら、誰でもできる。

 

後輩女子もメンタルがマズイ

そんな中、隣の席の後輩の女の子が、同じく過労とストレスで、メンタル崩しそうな状態に。

そして、私のところに相談に来ました。

話を聞くと、私が休職する寸前の体調、状態に近い。

そして、「上司にも報告しておいたら?」とアドバイスしてみましたが、やっぱり見てるんですよね。私が休職して、復帰した後に、何もフォローを受けていないということを。

「上司に相談したところで、何も変わらないと思う」と、厳しい意見を述べていました。

 

今の職場は、業務に対して完全に個人戦の状態。

チームでフォローし合ってなんていう状況が全くない。

だからこそ、辛い。

 

私の考えは甘いのかもしれませんが、私は、もっと業務上の問題についてチームで一緒に考え、フォローし合いながら、知恵を出し合いながら、仕事がしたいです。

一緒に考える仲間がいれば、難解な業務も乗り越えられる気がします。

 

後輩女子への対処

ちなみに、その後輩女の子に対しては、抱えている業務に踏み込んで、一緒に考えるようにしています。

  • 手持ちの業務は何か
  • どんな内容か
  • いつまでにする必要があるか

その上で、

  • 業務の問題点(悩み)を共有(共感)する
  • ほかの人に割り振れるような内容なら、お願いする
  • 優先順位や省けることを指示する

という方法をとっています。

 

これは、私が休職する前に、上司に対して「業務がキツイ」という相談をしたときに、上司からして欲しかったこと。

そして、本来は私のような下っ端ではなく、管理職がやるべきことだと思いますけどね。

 

自分と同じ目線で問題点を捉え、その問題点を共有できて、共感してもらえるだけで、「一緒に考えてくれる人がいる」という安心感ができて、気持ちが楽になる。

他の人への業務の割り振りも、担当者当人では、責任感を感じてなかなかできない。そこに他人がメスを入れて、采配をとってもらえると、業務量も減るし、本当にありがたい。

優先順位や省けることの指示をもらうだけでも、指示に従うという受動的な状態になり、かつ、責任も転嫁できるので、気が楽になる。

 

私自身、上記のように感じていたので、同じような状況に陥っている人に対しては、効果があるかもしれない。そう思って、とにかく実行しています。

この方法で、私のように心が折れる前に、仕事の山を乗り越えられると良いですけどね。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-休職

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.