子どもの勉強

長女と「宿題」について話し合ってみた

どうも、サラリーマンこあらです。

今日、8歳の長女と学校の「宿題」について話し合ってみました。


長女の通う小学校は、地元の公立小学校で、別に進学校というわけでもないのですが、毎日欠かすことなく宿題が出されます。

宿題の内容としては、

  1. 音読
  2. 計算カード
  3. 自主学習(B5ノート1ページ分)
  4. 国語や算数のプリント
  5. 漢字練習

などなど。

1~3は毎日の宿題として設定されていて、それに追加してプリントや漢字練習等がある感じ。

正直「多い」と思う(汗)

自分が小学生の頃って、こんなに宿題あったっけ?

たまにはあったかもしれませんが、少なくとも、毎日宿題なんてやってなかった気がする。


そんな状況に、長女もウンザリ状態。

いやまぁ、子どもなんて、勉強っていうだけでウンザリするもんだと思いますが、ね(笑)

でも、正直、もう少し何とかならないものかなー?

もう少し、楽しく勉強できるような工夫って、取り入れることができないのかなー?


というわけで、ちょっと長女に聞いてみました。

8歳長女に聞く「宿題」とは

サラリーマンこあら

宿題の何が嫌なの?

プリントとかは、答えを書いたら終わりだから嫌じゃない。漢字練習とか自主学習とか、ノートのページを埋めないといけないやつが、嫌だ。面倒くさい。

長女ちゃん


ふむ、なるほど。

反復練習系の宿題とか、文字を書かないといけない宿題が嫌な様子。

サラリーマンこあら

漢字練習とか、どうやってるの?

例えば「時間を合わせる」っていうのをノートに書き写す宿題が出た場合、最初に「時間を合わせる」って全部書いて、余ったマスに「合」っていう漢字を書いて埋める。

長女ちゃん
サラリーマンこあら

なんで「合」なの?

だって、一番簡単に書けるから。画数が多い文字は面倒くさい。

長女ちゃん

なるほどね。

わかった。わかったよ。

少なくとも、我が家の長女にとって、宿題とは、

  • 周りに「やれ」と言われるからやるもの
  • 目的は「いかに楽に、早く」終わらせるか

というものらしい。


まぁ、そりゃそうか。

自分も、学生時代はそんな感じだった気がする。

何か目的を持って勉強をする、なんて受験の時だけだったもんね。

8歳長女に聞く「勉強」の意味

ちなみに、こんな質問もしてみた。

サラリーマンこあら

なんで勉強するか、分かる?

試験とかに合格するためでしょ?私も中学受験したいし。

長女ちゃん
サラリーマンこあら

そうなんだ。じゃあ・・・

でもそれって、試験勉強の話でしょ?宿題の話とは全然ちがうじゃん。

長女ちゃん
サラリーマンこあら

え?それ、本気で言ってる?

うん。

長女ちゃん

・・・。

あ~・・・。

え~っと。

もしかすると、考え方がうまくリンクしていない可能性がある。

日々の学習による知識習得と、試験勉強で使う知識の習得は、全く別物として認識しているのか?

そんなもんなのか?

ほんとに?

その辺の認識をつなげてあげると、うまくいくのかもしれないけど、4年後の受験と、今の宿題をリンクさせるのは、ちょっと遠すぎて無理がある気がする・・・。

楽しく勉強するためには、どうすれば良いのか

受験と宿題をつなげる作業は、現時点では正直言って、キツイ。

じゃあ結局のところ、勉強を楽しくするためには、どうすれば良いのか?

宿題を楽しくやるためには、どうすれば良いのか?


少なくとも、「やらされてる」と思いながらすることって、勉強に限らず、全く面白くない。

遊びでも、スポーツでも、大好きなテレビゲームでも、義務化されて、自分の意志に反して「やらされる」と、面倒くさいことに早変わりする。

稀に、無理やりやらされたけど、やってみたら楽しくなったというものもあるかもしれませんが、基本的には、「やらされること」=「面白くないこと」で間違いない。


ということは、「やらされている」と思わせない勉強をすればいいのでは?

って、どうやって(笑)

能動的に勉強するなら、最初から苦労しないってwww


っと、いろいろと考えていて気が付いたんですが。

もしかして、ルールかも。

我が家の場合、「テレビゲーム」をするにしても、「テレビ」を見るにしても、「宿題が終わってから」というルールを決めているんですが。

そのルールが、より一層、「やらされている」感を出してしまうのかもしれない。


じゃあ、ゲームをするにも、テレビを見るにも、「宿題が終わってから」というルール自体を、撤廃してしまったらいいのでは?

あ、なんか、見えてきた気がする。

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-子どもの勉強