勉強

また出たよ、「メディアの時間を決めましょう」というお題。

こんばんは、サラリーマンこあらです。

7歳の長女の小学校から、また、出ましたよ。

 

「メディアの時間を決めましょう」

 

という、お題。

 

前回、このお題が出されたとき、妻とギクシャクしました。

(前回記事、「「テレビやゲームは1日2時間まで」というルール」もご参照ください。)

 

この「メディアの時間」については、妻と私で、意見が異なるんです。

なので、ギクシャクしてしまうんです(汗)

 

妻の意見

  • テレビとか、ゲームとか、基本的に全て、「メディアの時間」に入る。
  • ただし、歯磨きの時のYouTubeは、「5分程度と短時間なため、気にしなくても良いのでは?」という理由で、除外される。(「私は英語の動画しか見せない」という主張を、妻はしてくる。つまり、勉強動画の扱いか?)
  • タブレット勉強のためのタブレットは、除外される。
  • ニュースや、勉強のためのテレビは、除外される。(図書館から借りてきた科学実験のDVDは、メディアに含まれていたが・・・。)
  • 次女が見ているテレビを一緒に見るのは、「メディアの時間」に入る。

まぁ、平たく言うと、基本的に全て「メディアの時間」に入るけど、妻が除外されると判断したものは、入らない。

 

これって、正直、親の気分で、どうにでもなる。

非常に、あいまいで、混乱しやすく、私は納得できない。

 

私の意見

  • 子ども自身の欲求により、「見たい」と思って見るテレビ、「やりたい」と思って行うゲームは「メディアの時間」に入る。
  • NHKのニュースや、教育テレビ系の勉強に関連するテレビは、除外される。
  • 子ども自身が主導ではないものは、除外。
  • 歯磨きの時のYouTubeは、「歯磨きしやすくする親の都合」なので、除外。
  • 次女が見たいと言い出したテレビやアニメは、メディアの時間に入らない。
  • 家族で見に行く映画など、家族団らんのツールとしてのメディアは、除外。
  • 自分がやりたいことがあって、親の都合でテレビなどを見てて待っててほしい場合のメディアは、除外。

私の主張は、あくまで、子ども自身の欲求によるものかどうか。

家族で、共有空間で生活している中で、長女だけ「見たらダメ」なんて、できないじゃない?

だから、基準はかなり緩め。

 

そして、そういう緩い判断をしようとする私に対して、妻はイライラ。

 

 

こんな感じで、夫婦で考え方が異なるから、困ったもんだ。

 

そもそも。

なぜ、「メディアの時間」を決めないといけないの?

「メディアの時間」の、何が悪いの?

 

そこが分からないと、どうすれば良いのか、分からないですからね。

そしたら、こんな答えを見つけました。

 

  • メディアの時間が多くなることで、現実世界とのつながりが少なくなり、脳の発達が阻害されるから。

 

いや、分かる。

これって、つまり。

メディアとの関わりが増えて、自分ひとりで過ごす時間が多くなって、現実世界で家族と話をしたり、友達と遊んだり、五感を使ったりという時間が減ることで、脳の発達に悪影響を及ぼすってことだよね?

 

だとすれば、

 

単純にメディアの時間を決めて、その時間を絶対視して振り回されたり、

メディアという印象があるものを、何でもメディアの時間に含めたり、

全て含めるのはできないから、親の主観的判断で、メディアの時間から除外したり。

 

そういうやり方って、間違ってるよね?

 

家族と一緒に過ごせるのに。

友達と一緒に遊べるのに。

「私はテレビが見たいから、結構です」と断って、一人の時間を増やすことが問題なのであって。

 

一緒にゲームしよう!

一緒に映画を見よう!

一緒にテレビを見よう!

という理由で、テレビやゲームや映画をするのは、メディアの時間に含めるかどうか、個別判断すれば良いと思う。

 

杓子定規に当てはめつつ、良く分からない基準で判断するのは、あまりにも、親の勝手すぎる!気がする・・・。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-勉強

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.