家事(総務部門)

「夫婦の時間を持ちたい」という気持ちが、全く伝わらないんですが。

こんばんは、サラリーマンこあらです。

昨日の今日で、こんな記事を書くのも何なんですが。

 

ダメだ。

ぜんっぜん、ダメ。

 

私はね、夫婦の時間を、もっと作りたいわけなんですよ。

なぜかって?

たぶん、妻のことが好きだから。

 

でもね。

妻から、そういう気持ちを全く感じない。

妻がどういう気持ちなのかは知らないけど、私は、全く感じない。

 

これ、たぶん、去年のゴールデンウィークのときも考えてたはず(笑)

一年以上、こんな状態。

いや、むしろ、もっと長いと思う。

 

気持ちが一方通行に感じるときって、すごく辛くないですか?

まさに、その状態。

 

一応書いておきますが。

妻は、家事をしっかりしてくれる。

育児もしっかりとしてくれる。

 

でも、夫婦の時間をつくるのに、積極的ではない。

むしろ、消極的。

いや、皆無に等しい。

 

こんなこと言ったら怒られますが。

家事とか私でも出来るわけで、もう少し手を抜いてくれていいから、もっと夫婦の時間を確保してほしい。

 

家事とか、業者さんにお願いしても出来ること。

そこを頑張って、疲れて、夫婦の時間を作れない状態になるなら、もっと手を抜いてくれてもいいんだけど・・・。

 

 

この状態はねー、本当に、辛い。

この数日ですら、手を変え品を変え、色々と誘いましたよ。

 

「連休の予定を一緒に考えようよ。」

「お菓子買ってきたから、一緒に食べようよ。」

「美味しそうなリキュールあったから、飲んでみない?」

「映画、一緒に見ない?」

 

ほぼ、全敗。

そして、断るわりに、自分から誘ってくることは、皆無。

冗談抜きで、皆無。

 

直近1年間で考えても、皆無。

 

テイク&テイクです(笑)

ギブしろよー!!

 

 

全て私から誘って、

そのうち誘いに応じる確率は、高くて20%。

 

こんなんで、愛情を感じられると思う?

無理でしょ。

 

家事や育児を頑張ることで、愛情を表現しているつもりかもしれないけど、日々のやらなければいけないことをやっているだけでは、夫婦としての特別な愛情は、感じないからね。

 

ほら、よくあるやつ。

「俺は家族のために一生懸命仕事をしてるんだ!」とか言ったところで、仕事にばっかりかまけてると、妻の愛情はどんどん薄れていく的な。

で、離婚ってなるやつ。

 

夫目線の話はあまり見ないけど、現時点で、リアルタイムで、我が家はその状態が進行中です。

 

 

別に、レベルの高いお誘いをしているわけじゃない。

 

さっきも書いた通り、

「お菓子、一緒に食べよう」とか、

「お酒、一緒に飲もう」とか、

「映画、一緒に見よう」とか、

「少し話をしよう」とか、

そんな程度。

 

まぁ、我が家の妻は、夜が弱い。

すぐ眠くなる(らしい)。

だから、夜の時間に誘うというのが、そもそも、ハードル高いというのはある。

 

でも、昨日も書いた通り、小さい子供がいる家庭で、日中に夫婦の時間を確保するのは、不可能に近い。

 

だから、せめて月に1回くらいは、夜、頑張ろうよ。

その努力を放棄してしまうと、短くてもあと4~5年は、今の状態が継続してしまう。

 

その間、ずっとこんな気持ちで過ごすのは、無理。

たぶん、どこかで気持ちが切れてしまう気がする。

 

 

しかし。

いつから、こんな状態になったんだろうか?

以前は、別に気にならなかった気がするんだけどなー。

 

仕事がちょっとラクで、気持ちに余裕があるから家での過ごし方に気が回るようになった、っていうのも1つの要因かも。

それから、地元に住んでないから、友人と遊んだりしてストレス発散できないとか。

趣味で気を紛らわせるにも、住んでいるところがそういう環境に無いとか。

あとは、コロナウイルスの影響で、飲み会とか外出とか、ストレス発散できる場が無くなったのも1つの要因。

 

 

さて、どうしたものか?

って言ってみたものの、解決策は1つだけ。

 

そう。

ここで書いたことを、そのまま妻にぶつけるしかない。

 

「今、とっても辛いんだよ。」

「もっと夫婦の時間を大切にしたいんだよ。」

 

言わないと、絶対に伝わらない。

言えば、それで終了。

まぁ、どっちに転ぶか分からない意味での終了ですが(笑)

 

これしかない!

これしかない、んだけど、でもなー、言うのはなんだかなー。

 

↓↓↓↓応援、お願いします♪↓↓↓↓

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-家事(総務部門)

Copyright© 日常生活って、会社組織のような仕組みだと思う。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.